2010年02月27日

天からの恵みの雨音は早起きの目覚まし時計

0223漁師料理_B1 早2月も終わりに近づき
 1年で一番過酷な2月でこんなに雨が降ったのは
 初めてですね。
 しかも、土、日にかけてが多く
 なんと言っても2月11日の建国記念日は
 1年で一番お客様が来店する日として
 定着していましたが、
 創業13年にして初めて2月の
 土、日祝日の御来店者様が一番少なかった日でした。
 
 以前も書き込みましたが、天を味方に付けずにして
 如何なることもうまくはいかない、勝てない事に
 改めて気づかされました。

 私の日ごろの行いが悪いのでしょう。天に見放された
 のでしょうか。
 そう、今日なんかは昨日深夜からの雨は
 まさに春の台風のようで、
 雨音の凄さで目が覚めたのでは無く
 又雨か、花摘みのお客様が少なくなって
 暇な土曜日だなー、
 と思う、あきらめの憂鬱な気持ち
 による目覚めです。
 今年の2月はこんな早朝の目覚めがたくさん
 あったようです。
 思えばそうなると言う暗示なのか
 今日はまさに平日より御来店者が少なかったですね。

 こんな事ばかり書いていると
 お前中心でこの世が動いてるんじゃねーんだよ。
 と、怒られてしまいますね。
 
 当店は毎年の常連様がたくさん来てくださるので
 こんな天気でも、かなり賑わっているほうです。
 主力メニュー人気ナンバーワンの海鮮丼へのこだわり
 はいつも変わっていません。
 とにかく、生魚そしてなるべく千倉の地魚を中心に
 大漁に盛り込む事。
 この揺るがない大原則が再来店下さる一番の要因と
 信じています。
 海がシケの場合は養殖でも、とにかく生魚を盛る。
 冷凍切り身の魚に比べたら、例え養殖でも生魚ですから
 格段に美味いですから。天然にはかないませんけど。

 それから好天だと1日で4〜5百人の御来店者様が
 2百人ぐらいに落ち込みますが、
 この時にいつも考えさせられるのが、
 こんな悪天候でも御来店下さる方々の有難さが
 とても身にしみて感じます。
 おまけにお帰りの際に、
 いやーうまかったよ、とか、来てよかったよ、とか
 お客様に言われると、4〜5百人来店下さってる日に
 この感謝の気持ちを御来店者皆様に
 心から感じているのか、と、考え反省させられますね。

 雨は天からの恵みとは雨水だけでは無く
 有難みの恵みととらなくてはいけない事に
 今年の2月は教えられたようです。
 明日は2月最終日、しかも日曜日、
 雨でも晴れでも感謝の気持ちを
 大事にしよう。
 そして3月は晴れる日が多くなるように祈ろう。
 
 
 
 
 
 
 

chikurahanabou at 20:39│Comments(0)TrackBack(0) 道の駅 | 南房総

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。