2010年03月09日

 寒い日は油断禁物 肝心要(肝腎腰)3

0306丼ものB1_和紙 今日はとにかく寒い日でした。
 こんな寒い日は御客様が少ないですね。
 あり難くも東京からの大勢様の団体様で
 お昼はほぼ貸切でしたから
 あり難いことですね。

 さて、肝心要とか油断禁物とかの古来の熟語
 がありますけど、これって料理に大変関係する言葉
 なんです。
 肝心要(肝腎腰)ですが、ここが一番大事、とかの
 意味でしょうが、いわゆる人の身体で一番大事なのは
 肝臓、腎臓、腰だと言う考えからの意味からきている
 ようです。ま、身体はどこも大事だと思うけど。

 又、油断禁物なんて言葉の意味は誰でも知っている
 と思うけど、この言葉にも人の身体には
 油分がとても大事という考えから、食べすぎはいけない
 と思うけど、油分を断つと健康を損なうという
 医学的な考えから、油分を取り入れないと
 熱量いわゆるパワーが出なくなる、パワーが無くなれば
 風邪をひく、そしてかぜは万病の元という考えから
 この熟語が生まれたのではないかと勝手に思ってます・

 何れにせよ料理とは無縁ではありません。
 寒いと人は温かいものを食べたくなるもの。
 代表的な鍋などは、まさに肝腎腰がぴたっと
 当てはまる料理です。
 牡蠣鍋を食べると、肝臓を元気付けする
 タウリンがたっぷり入っていて、牡蠣の味噌スープは
 大豆パワーとの合体とそれにたっぷりの野菜を
 食べる事により、利尿作用で不要な塩分を
 排出してくれるし、各種のビタミンもバランスよく摂取
 そして何と言っても身体の芯が暖まることで
 軽い腰痛も楽になるでしょう。
 
 冬の寄せ鍋などは、各魚が脂がたっぷり乗って
 消化の良い大根や白菜などが、この良質の脂肪を
 吸ってくれて身体に優しいエネルギーを取り込んで
 くれることが嬉しいです。
 身体ぽかぽかで風邪を寄せ付けないでしょう。

 医食同源とはまさしくこの事でしょう。
 しかし、身体にいいからと言って
 過ぎたるは及ばざるが如し ですから。
 
 でも今日のような日は皆で鍋を囲んで
 心も身体も暖まって
 ゆっくり休みたいですね。

 
 
 

 
 

chikurahanabou at 22:22│Comments(0)TrackBack(0) テレビ収録  | 王様丼

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。