2011年04月05日

南房総が少し活気を取り戻してきてます。

_DSC8492
P1000796はな房_ザ_王様A1パネルヨコ_C01
 震災から二十日以上がたって、未だに被災地の方々は
 
 先の見えない困難に苦しんでおられ

 御見舞申しあげます。 


 先月、私共も皆様同様、被災地の方に義援金を送りました。  

 少ない金額ですが、一人でも多くの方々にお役に立てば
 
 幸いです。 
 
 
 当店の統括店長も学生時代に福島に住んでいた事もあり

 知人や友人が多数います。

 何でも良いから今、出来る事をと毎日願っています。

 
 原発による放射能汚染で福島の美味しい野菜、肉、魚が 

 そして、福島県人の方々も含め、風評被害により

 一部、偏見で見られる報道に憤りを感じています。 

 更に、相馬地区の、思い出の地が

 危機にさらされてると思うと、

 胸が締め付けられる思いです。


 そんな中、ここ南房総は被害が少なく
 
 こうしてお店、道の駅が営業できている事は
 
 有り難いことです。 

 
 ただ、先週木曜日までは、お店の存続の危機に
 
 直面していました。  


 
 
 ここの道の駅ちくら潮風王国には
 
 連日ほとんど御来店者が無く、
 
 三月のトップシーズンにも関わらず

 お客様が激減でした。

 
 でも、当レストランはまだ良い方で

 常連様や地元のお客様が御昼に御来店頂き
 
 何とか、営業できていました。感謝。 <emoji:face_hearteye>

 
 でも、スタッフさん総勢26人を賄えるだけの
 
 売上は無く、テナント料、光熱費を確保するだけで
 
 いっぱいの状況。 

 
 お客様に御出しする食材に関しては

 これだけは絶対に品質を下げる事はせず

 活気が戻って来る事を祈る毎日でした。

 
 食材原価を落とせば、せっかく来て下さった

 方々に見離されるとの思いで、

 通常と変わらず、ボリューム、味は変えませんでした


 
 赤字だからと言って食材の質を落とせば 崩壊します。我

 慢の毎日でした


 そして先週の金曜日から徐々にお客様が

 戻って来られて、

 <ここも津波で崩壊したのかって心配して

 きてみたよ。>って言って下さるお客様が

 たくさん御来店されました。

 嬉しかったですね。



  昨日、一昨日の土、日は、おかげ様で

 久しぶりに外の待合席まで行列ができました。

 シーズンのように何列もではありませんでしたが

 一瞬でも並んで御待ち頂いた事は

 心から感謝し嬉しい気持ちで涙が出ました



 春休みとも重なりお子様連れのお客様が多く

 大変賑わった久しぶりの二日間でした。

 お子様の笑顔が又、私達スタッフのやる気に

 火を付けて頂き、スタッフも活きいきして

 頑張っていました。
 


 やっぱり飲食店は賑わってないといけません。 

 ホテル、旅館が瀕死な今、

 ここ道の駅が頑張って又たくさんのお客様が

 南房総に御越し下さるよう願います。
 



 



 


 

 

chikurahanabou at 00:45│Comments(0)TrackBack(0) 道の駅 | お試しかっ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。