2012年09月30日

さんまを食べよう

8396ef4c.jpgP1020028 
 
 巷では、さんまを「新さんま」と呼ぶ方はもう少ないでしょう。

 
 出始めは初物だぁーとかって、人より先に食べる事が

 ステータスっていうか、自慢のネタ話しになる事しばしば。


 しかし時間が経つにつれ、

 昨日もさんま、今日もさんま・・・なんて方もいるのではないでしょうか。

 
 スーパーで塩焼きが売ってるし、大根おろしさえ付ければ

 立派なおかず、子供も意外と好き。

 
 そんな美味しいさんまも頻繁に、しかも塩焼きばかりじゃ飽きてしまうでしょう。

 
 さんまは料理のバリエーションが豊富で

 一工夫すれば無限大にメニューが広がります。


 例えば、オーブンで焼く塩焼きも、

 頭と尾っぽを切ってフライパン焼くと洋風で面白い、

 酢と山椒を入れてしっかり5時間〜6時間煮れば

 骨まで食べれカルシウムもしっかり吸収。

 お腹を切らずに内臓を抜いてぶつ切り、

 そしてしっかり唐揚げ(軽めの2度揚げがベスト)

 乱切りにした彩りの野菜炒めて、

 あがりにさんまを一緒に炒める

 ピリ辛(七味や豆板醤)味やカレー風味が無難。

 三枚におろせればもっとバリエーションが増えるよ。

 刺身、なめろう、たたき、サラダ、寿しなど無限に広がる面白さ。


 是非、家計に負担がかからないさんま、

 栄養面から見ても優れた食材です。

 
 「秋だ!おかげサンマ」
 
 
 絶対この時期にさんまを食べよう。



 
 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

 

 
 

chikurahanabou at 13:06│Comments(0)TrackBack(0) 道の駅 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。