2008年10月04日

オンリーワン料理とナンバーワン戦略

 皆さんお元気ですか。
 いよいよ9月も最後の日曜日です
 今は何処もさんま一色の様相ですね。
 当店はな房もさんま料理を出していますが
 何処でもやっていることを
 毎日お勧めしている事が
 なんか個性にかけているというか
 ここんとこ毎日いきつまっています
 若い時から
 人と違う事を思いつき、即実行
 する事が毎日の日課の様でした
 でも今はそのものずばりの事ばかり
 それってもちろん大事な基本
 なんだけど。
 人と違う事をやって
 えーとか、なんだこれはーとか
 お客さんから驚かれる事で
 インパクトを与えて
 自己満足をするタイプなんです
 それが逆効果して失敗する事も
 よくあったね。
 昔、平成の大不況の時
 東京恵比寿に外資系の和食店
 ロイズという店がありました
 当時勤めていたつきじ植むら社長さんに
 連れて行ってもらった時に大変な
 カルチャーショックを受けました
 それは、和食の常識を覆す
 革命的な料理ばかりの連続でした。
 見た目はもちろん、盛り付けが
 かなりインパクトがあったね
 その時社長が言った言葉が
 これがオンリーワンなんだ。
 まさにそのとうり。
 ただ1つ不満なことは
 味にパンチがない事だった事です。
 下味というか食材の味を引き立てる
 下ごしらえが不足していると
 感じました。
 この幾を境にますます
 個性のある料理を造る事に
 なったんだなー
 
 今、はな房もいろいろ転機に
 きていると考えています
 何か変人的な料理をすれば
 いつかは誰かにまねをされると
 思うけど、オンリーワンと
 ナンバーワンを目指して
 目下、思案中ですので
 今後のはな房がどう転換するか
 乞うご期待下さい、
 
 
 
 伊勢海老サラダ千倉スペシャル膳

chikurahanabou at 23:14│Comments(0)TrackBack(0) 道の駅 | 行列が出来るレストラン

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。