震災

2011年04月05日

南房総が少し活気を取り戻してきてます。

_DSC8492
P1000796はな房_ザ_王様A1パネルヨコ_C01
 震災から二十日以上がたって、未だに被災地の方々は
 
 先の見えない困難に苦しんでおられ

 御見舞申しあげます。 


 先月、私共も皆様同様、被災地の方に義援金を送りました。  

 少ない金額ですが、一人でも多くの方々にお役に立てば
 
 幸いです。 
 
 
 当店の統括店長も学生時代に福島に住んでいた事もあり

 知人や友人が多数います。

 何でも良いから今、出来る事をと毎日願っています。

 
 原発による放射能汚染で福島の美味しい野菜、肉、魚が 

 そして、福島県人の方々も含め、風評被害により

 一部、偏見で見られる報道に憤りを感じています。 

 更に、相馬地区の、思い出の地が

 危機にさらされてると思うと、

 胸が締め付けられる思いです。


 そんな中、ここ南房総は被害が少なく
 
 こうしてお店、道の駅が営業できている事は
 
 有り難いことです。 

 
 ただ、先週木曜日までは、お店の存続の危機に
 
 直面していました。  


 
 
 ここの道の駅ちくら潮風王国には
 
 連日ほとんど御来店者が無く、
 
 三月のトップシーズンにも関わらず

 お客様が激減でした。

 
 でも、当レストランはまだ良い方で

 常連様や地元のお客様が御昼に御来店頂き
 
 何とか、営業できていました。感謝。 <emoji:face_hearteye>

 
 でも、スタッフさん総勢26人を賄えるだけの
 
 売上は無く、テナント料、光熱費を確保するだけで
 
 いっぱいの状況。 

 
 お客様に御出しする食材に関しては

 これだけは絶対に品質を下げる事はせず

 活気が戻って来る事を祈る毎日でした。

 
 食材原価を落とせば、せっかく来て下さった

 方々に見離されるとの思いで、

 通常と変わらず、ボリューム、味は変えませんでした


 
 赤字だからと言って食材の質を落とせば 崩壊します。我

 慢の毎日でした


 そして先週の金曜日から徐々にお客様が

 戻って来られて、

 <ここも津波で崩壊したのかって心配して

 きてみたよ。>って言って下さるお客様が

 たくさん御来店されました。

 嬉しかったですね。



  昨日、一昨日の土、日は、おかげ様で

 久しぶりに外の待合席まで行列ができました。

 シーズンのように何列もではありませんでしたが

 一瞬でも並んで御待ち頂いた事は

 心から感謝し嬉しい気持ちで涙が出ました



 春休みとも重なりお子様連れのお客様が多く

 大変賑わった久しぶりの二日間でした。

 お子様の笑顔が又、私達スタッフのやる気に

 火を付けて頂き、スタッフも活きいきして

 頑張っていました。
 


 やっぱり飲食店は賑わってないといけません。 

 ホテル、旅館が瀕死な今、

 ここ道の駅が頑張って又たくさんのお客様が

 南房総に御越し下さるよう願います。
 



 



 


 

 

chikurahanabou at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月21日

南房総に活気を取り戻そう

0215はな房_丼ものA2_02
 
 今日は、旬膳はな房 
 
 統括店長させて頂いている私が書きます。
 

 震災で亡くなられた方の御冥福を御祈り申しあげます。

 そして被災地の方々が一日でも早く

 安堵の日が来る事を心より願っております。

 
 地震による被害も少なく
 
 被災地の方々の苦しみを思うと

 無事営業させて頂いているだけでも

 有り難く思います。

 
 本来、この三月時期は花摘みシーズンの終盤戦と

 春休みが重なり二月同様、たくさんのお客様の御来店する

 有り難い月です。

 
 しかし、震災後、観光地ならではの

 懸念されていた事態におちてきています。

 
 連日のガソリン不足(連休食べに来られた方がガソリンスタンド

 に行列ができて無い事に驚いた方が大勢いました。)

 
 外房の海岸の施設への地震、津波等の不安、

 計画停電の影響による業務短縮。

 
 幸いここ外房千倉あたりから鴨川までの海岸地域は

 一度も停電がありませんでした。

 など、多くの理由により

 今、ここ南房総は信じられない位静かな毎日です。

 
 今月初めに当店がテレビ朝日さんのスーパーJチャンネル

 にて放送紹介された、半額フェア(3月31日まで)

 が大好評でした、おかげ様で震災以前までは、

 連日活気がありましたが、その後はシーズンオフ

 以下の状態です。

 他の旅館、ホテルも営業していないところが

 かなりあります。

 ここ、道の駅も今週の水曜日を臨時休業にするそうです。

 
 このままでは、都心から一番近い観光地である

 南房総が皆、倒れてしまう不安を覚えます。

 
 私自身も含め、改めてお客様の有り難さを

 痛感しています。

 
 必ずや南房総の地に活気が戻って来る日は

 近いと信じ、残されたスタッフ達と日々些細な事で

 喜びを感じてモチベーションを上げています。

 
 その時の為に今できる事をこつこつと

 前に進んでいます。

 
 もう一度お客様に対する考え、働く意義を考える

 時間を与えて頂いたと感謝をし、

 お客様が南房総に戻って来ていただく日を

 心より御待ち申し上げます。

 

 
 

 




 

 
 

 
 

 
 


 

chikurahanabou at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。